スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

燃えるような赤いバラ~夢~にそ~え~て~

「冬が来ると、わけもなく悲しくなりません?」
さあそんなカテジナ様のありがたい(?)言葉を旨に
今日も突き進んで行きたいと思います!!


緋色の欠片 第二章
緋色の欠片2

今年の春放送されていた作品の続編。
またあのポニテおっさんの活躍が見られるよ!胸熱だね!
大蛇さんの裏切り等で話としては前作よりもちょっと
面白くなっているけど、ドラマに比重を置いているからか
殆ど戦う話が無くなっているのが残念。
相変わらず予告は色んな意味で濃いです。


めだかボックス アブノーマル
アブノーマル

これも今年の春アニメの続編です。
前作に比べると完全に往年のジャンプ系バトル漫画的な
展開になっていますが、前作までの中途半端な日常系よりは
割り切れて見られるのでこれはこれで良いと思う。
OP・EDは今回も良いですね。


新世界より
新世界より

先が読めない展開という意味では今期で屈指かもしれない。
小説が原作だからなのかとにかく他のアニメとは
一味違う独特な雰囲気のアニメになっています。
テレビ朝日放送の深夜アニメという点でも珍しいですね。


神様はじめました
神様はじめました

同じ女子向けアニメの緋色の欠片と対照的に
こっちはほのぼの路線です。
話としてはそんなに目新しくは無いけど、
その分肩の力を抜いて気楽に見られる感じです。
芸人っぽい変なオッサンが歌いながら宣伝する
CMが個人的にちょっとツボです。


イクシオン サーガ DT
イクシオンサーガ

これは良いバカアニメ(褒め言葉)
原作のゲームが良く有る真面目な感じの
ファンタジー風な世界観なのによくこんな
アホらしい話にできるもんだなと感心します。
新世界よりとは別の意味で先が読めない(見えない)
アニメかもしれません。

あと誰か俺のDTも貰ってやってください

ひだまりスケッチ×ハニカム
ひだまり

2007年より続く人気TVシリーズの約2年ぶりの新作です。
自分は2期以来見てなかったからかなり懐かしい感じですね。
暫く見てなかったからいつからかは判らないけど、
最近のひだまりはあんまり実写使わないんだな~。
シャフト特有の実写多用はそんなに好きじゃないけど、
無かったら無かったで少し寂しい気がしますね。

でも吉野屋先生は相変わらず可愛いから安心ですね!!

吉野家先生

ババア先生結婚してくれ!

えびてん -公立海老栖川高校天悶部-
えびてん

レイズナーとかドルバックとかボーグマンとかの
脈絡の無い80年代アニメのパロディと
たまにある金森のサービスシーンが売りのアニメ。
去年放送していたR-15とかこういう如何にも
B級感漂う角川アニメの雰囲気は結構好きですね。
主人公格の戸田山響子が何を考えているのか
よくわからない奴で、いまいち好きになれないけど
他のキャラは皆良い感じだと思います。
特に金森がね!

金森1

こんな露骨なエロで俺様が釣られクマーーー!(AA略)

金森2



それにしても金森役の西明日香ってめっさ可愛い声してるな~
まだあんまりキャリア無いようだからこりゃ今後に期待やで!


ひこいちさん

それはそうと来月からAT-Xでボーグマン始まるね!

ボーグマン

レンタルビデオとかレンタルDVDが全然出てない作品だから、
ここにきてスカパーの格安料金で見られるのは嬉しいですね。
EARTHSHAKERのイカした主題歌が好きだぜ!


アイカツ! アイドルカツドウ!
アイカツ

コンカツじゃないシュウカツでもないアイカツだよ!

名門アイドル養成校が物語の舞台だけど、
良く有る芸能界のドロドロとした描写なんかは
今の所、特に無くきら☆レボのような明るい路線です。

またアイドル候補生が主役な為か主人公の星宮いちごの弟、
らいちは小学生でアイドルオタクという逸材です。


らいちさん

らいち君・・・その年でアイドルオタクはヤバイい、ヤバいぞ!
今ならまだ引き返せるぞ、思い留まるんだらいち君!

因みにそんな将来有望ならいち君一番のお気に入りは
いちごの親友でもある霧矢あおいちゃんです。



霧矢あおい

らいち君・・・・・・よくわかっているじゃないか
やっぱ青は良いよな・・・良いものだ


金髪も好きだが青も捨てがたいっすね!
ついでにこのあおいちゃん、外見も良いけど、
明るくサバサバした嫌味のない性格にも好感が持てますね!
やっぱこういうタイプが一番良いな
あと製作がサンライズだからなのか偶にガンダムの
パロディが急に来たりと中々油断ならないアニメです。


シャアさんが見たらどう反応するんだろう

2話でモブで出てきたコイツとかどっからどうみても
ララァ・スンです本当にありがとうございました。

CGの出来が後期めちゃモテやプリリズと比べて
大分厳しい感じではありますが話自体は結構面白いので、
今後も期待できそうなアニメです。


ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険

漫画好きでもそうでなくでも大抵の人は
名前くらいは知っていると思われる
超有名漫画の初のTV放送作品になります。
今回はスピードワゴンが出演しているのに
スピードワゴンが出てこない某映画
のようにはならずに
安心ですね。やっぱスピードワゴンさんがいないとね!

ことジョジョに関しては他のジャンプアニメのように
原作に追いつきそうで引き伸ばしてグダグダという事が
まず無いのでとにかくテンポが速いというか、
毎回が名言、迷言のオンパレードになっています。
あんまり予算が無いのか作画はあんまり良くないですが、
その分、演出と音楽と声優の熱演でカバーしている
感じですね。声優も皆とても合っていて文句無しですが
特にスピードワゴン役の上田燿司が素晴らしいですね!


スピードワゴン

緋色の欠片のポニテおっさんもこの人なんだよな。
他にもジュエルペットで1人5役とか演じているし、
とにかく演じる役幅が広い名脇役って感じですね。
ディオ役の子安も流石というか、やっぱ子安はこういう
濃い悪役の時の方が凄くイキイキしていますよね。
あとジョナサン役の興津和幸も声の使い分けがとにかく
無茶苦茶上手くて文句無しですね。タルカス倒す時の
声とかがとにかくカッコよくて痺れました。


それにしても改めて思ったけど、ジョナサン程1話(1巻)から
とことん容赦無く追い詰められる主人公も中々いないよな・・・

ディオの策略とはいえ父親には誤解されっ放しで、
仲間達からはハブられ、折角できた恋人も奪われ、
更には愛犬まで失ってしまうという徹底振りです。

並みの人間ならとっくに引きこもりにでもなっていても
おかしくないくらいの状況ですが、それでも逞しく成長
していくのだから凄い精神力だよな~ジョナサンは


いや~古典的なのかもしれないけどやっぱさあ
こういう勇敢で正義漢があってどんな困難にも負けずに
立ち向かっていくタイプの主人公って最高だよな・・・


他で言えばDBの孫悟空とか、マイトガインの舞人とか
まあ悟空はちょっとお気楽過ぎな気もするけど、
初代ピッコロ大魔王と戦う辺りはマジで良いよね!
片腕と片足を潰されてまともに立つ事さえできず
正に絶対絶命な場面でも諦めずに機転を利かせて
右腕だけで大逆転を決めるあのシーンはDBでも
1、2を争う名シーンだと今でも思っています。


変な言い方をするとなんていうか自分にとって
アニメの男主人公というのは夢みたいな存在じゃ
なきゃいけないというか、ちょっとやそっとの事で
へこたれない主人公の方が好感持てるんですよね。


砂ぼうずの水野灌太とかスクライドのカズマとか
アウトロースターのジーンとか、仮にジョナサンのような
正義漢じゃなくても、なにかしら情熱に溢れたキャラの方が
見ていて楽しいし、こう言うと大袈裟かもしれないけど、
何より生きる勇気や希望を貰えるんですよね。
最近のアニメは男が主人公じゃなかったり、そもそも男が
全く出てこないアニメも多いですが、(まあそういうアニメも好きだけど)
もっともっとこういう主人公が増えて欲しいと思います。


ああでもへタレな主人公も場合によっては大好きですよ。
リヴァイアスの相葉昂治とかね!

無限のリヴァイアス

ああ昂治カッコイイよ~マジカッコいいよ~
窮地に陥った時にはいつも脳内の自分の声が
白鳥哲ボイスになるくらい大好きだぜ!!

物語の冒頭でぶつくさと呟く様な主人公は正直
一番嫌いなタイプだけど、昂治さんだけは別だね!
例えどんなに平凡でへタレで幾度となくボコボコに
されようとも諦めずに立ち向かうその姿勢は
常に見習っていきたいところですね。



そんなわけで今日はこんな所で
通販でも来月以降発売のジョジョ商品予約しておりますので
是非とも宜しくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:アニメ紹介その他色々  Trackback:0 comment:1 

ジップヒットでデレク・ジーターを思い浮かべる人は通販番組の見過ぎ

クリスマスシーズンが近づいて参りました。
大分遅くなってしまいましたが秋から始まった
アニメをお伝えして行きます!!


バトルスピリッツ ソードアイズ
ソードアイズ

2008年から続くパトスピシリーズの5作目です。
前作での現実的な世界観とは打って変わって、
リューナイトとガリアンを足して2で割ったような
ファンタジー路線となっています。今作からまた
ブレイヴメインのバトルになっていますが、
やはりこっちの方が演出的にカッコいい気がしますね。
スピリット達のCGも相変わらず綺麗です。


マギ
マギ

週間少年サンデーで現在一番注目されていると思われる
漫画のアニメ化作品です。結構明るい雰囲気の作品に見えて
中々エグい描写が多い原作ですが、アニメはかなり
マイルドになっています。それでも乳首ピアスは何故か
OKなのだから表現の規制って判らないもんです。


中二病でも恋がしたい!
中二病

誰でも一度は患うと思われる中二病が主題のアニメ
ここ最近の京アニ製アニメはどうにもいまいち
嵌れなかったけれど、これは中々面白くて好きですね。
所々で役になり切れずにボロを出す六花が可愛いです。


CODE:BREAKER
CODE:BREAKER

同じ中二病アニメでもこっちはリアル(?)です。
異能者バトルアニメという事でなんとなく昔マガジンで
連載されてたゲットバッガーズを思い出します。
同じ週刊漫画原作のマギに比べると、知名度的に
今ひとつですが、中々面白いですね。

それとヒロインの桜小路桜(桜多いな)が可愛いね!
桜小路
桜小路2

見た目はお嬢様然としているけど口調がなんか
時代錯誤で色々残念な所が良いですね。
とても子持ちに見えない母親も可愛いしな!

右が親
ていうか何で制服着ているんだこの母親は
アイマス新作ゲームCMのあずさでも思ったけど、
ババア学生の年齢じゃないキャラが制服着ていると
なんかやけにいやらしく見えるのは何故なのだ!!


てーきゅう
てーきゅう
しばいぬ子さんの後釜(?)ミニアニメ
タイトルからしてなんか凄く去年放送していた
そふてにっを思い出すけど特に関係は無いです。
しばいぬ子さんと同じくとにかく放送時間が短いですが、
30分枠アニメだと胸焼けしそうなギャグとネタの
オンパレードなので短くて正解なのかもしれない。


ガールズ&パンツァー
ガールズ&パンツァー
うぽってに次いで(?)ほのぼの兵器アニメ第2弾。
最初は「キャラ多すぎw絶対収拾つかないだろこれw」
とか思っていましたが、中々どうしてしっかり纏まっていて
面白いですね。戦車に乗る登場人物達の個々人よりも
チームとして機能している描写が良いからなんでしょうかね。


上手くいじれなかったぜ!

「なにジョジョ?美少女が多過ぎで名前を覚えられない?
ジョジョ、それは無理やり全員覚えようとするからだよ

逆に考えるんだ、チームで覚えときゃいいさと考えるんだ
(CV菅原正志)

個人的には歴女チームが好きです。
まだまだアニメ沢山ありますが今日はこのくらいで



明日は店頭の方は棚卸で臨時休業日なので
誠に申し訳ございませんが宜しくお願い致します!


関連記事
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:お知らせ  Trackback:0 comment:0 

最近、小川真奈が声優やらなくなって寂しい今日この頃

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが

11月19日月曜は棚卸調整日の為、

臨時休業日となりますのでご注意下さい。


姉妹店の宝さがしは通常営業を行っておりますのでご安心下さいませ。

今後ともアニメ情報館を宜しくお願い致します!
関連記事

Tag:お知らせ  Trackback:0 comment:0 

ジャイアンツ優勝おめでとう!けど俺はオリックスファンだけどね!

年末に近づき本格的に寒い季節になって参りました。
大分遅くなってしまいましたが、
前期終了アニメを振り返って行きます!



バトルスピリッツ 覇王
ヒーローズ

ハードでシリアスだった前作のブレイヴとは一転して
明るく楽しい作風になっていました。
こういうホビーアニメに良くある世界の危機やら
悪の組織といったものとは全く無縁でしたが、
主人公の陽昇ハジメや仲間達のバトスピに懸ける熱い想いが
強く伝わってくる話が多かったのは良かったですね。
終盤は少し駆け足ではありましたが、最終回は
これまでのシリーズの中でも一番だったと思います。
CG戦闘も相変わらずとても綺麗で迫力有りましたが、
今回初登場したバーストという戦術が前作のブレイヴより
演出的に地味に感じてしまうのがちょっと残念でした。
現在放送中の次回作ソードアイズはまたブレイヴ中心の
バトルに戻っているので今後も期待していきたいです。


じょしらく
じょしらく

まったりした作風の中で、かなりヤバい
パロディや風刺が多かったのが印象的でした。
ツッコミ役にいじられ役と忙しい、魔梨威さんが好きです。


うぽって!!
うぽって!!

銃火器という物騒な代物をテーマにしている割に
やけにまったりさわやかな作風で偶に熱い展開が
やって来る不思議な味わいの有るアニメでした。
これとかそふてにっとかのXEBECアニメの
緩い雰囲気が個人的に好きで前期の中でも
かなりお気に入りアニメなのですが、
10話しか放送がなかったのが残念です。


TARI TARI
TARITARI

最近の1クールアニメの中では綺麗にしっかり纏まっていたと思います。
こういう学園アニメでは珍しく色恋沙汰が殆ど無かったのが、
なんかリアルでした。田中もウィーンもいい奴だったのにね・・・
二人共、他の萌えアニメにいればモテモテだったろうに
こういう奴らはハーレムアニメの主人公よりもなんか応援したくなります。


だから僕は、Hができない。
僕H

最初は結構面白かったんですが、途中からシリアス路線に
入ってしまって初期の勢いが無くなってしまいました。
去年の同じ時期に放送していた魔乳秘剣帖もなんですが、
こういうアニメは途中から半端にシリアスな展開になるより、
序盤の良い意味でおバカな路線で突き進んで行く方が
良いと思うんだけどなあ・・・。作画は綺麗だし
女の子は皆エロ可愛かっただけに残念。
あとキュール役の人、無名新人みたいですが、
中々可愛い声していたのでこれから期待したいですね。


織田信奈の野望
織田信奈の野望

史実と違うところは有るけども、こうした戦国アニメの
お手本みたいな王道路線は同じ時期に放送していた
戦国コレクションと良い対比になったんじゃないでしょうか
こういったアニメにしては珍しく、美少女達よりも
渋いオッサン達のキャラも立っていたのが印象的でした。


機動戦士ガンダムAGE
ガンダムAGE

親子三世代に渡る大河ドラマ的なストーリー展開や
AGEシステム等、アイデア自体は悪くなかったと
思いますが、残念ながらそれを上手く料理し切れないままで
色々物足りない残念な作品になってしまった気がします。


最終回辺りは詰め込み過ぎの弊害が諸に出ており、
それまであんなに重要キャラなポジションにいたはずの
ゼハートさんとか最後あっけなく戦死してしまいましたし、
敵のヴェイガンのボスであるリゼルカントが最終的になんか
普通に良い人扱いになっていたのも違和感を感じましたね。

どうせ悪役なら某木星帝国の人みたいに
「地球人はどいつもこいつも全滅じゃあウェーハハハ!」
てな感じでのたまっているくらいで丁度良いと思います。
ラスボスがそれまで物語に殆ど絡まず、最終回に
思い出してきたかのように出てきて割とアッサリ
やられたのもなんだかなあ~という感じです。


「さすが日○!ガノタが予想だにしない事を平然と
やってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」


・・・とは手放しで褒められないのが辛い所です。
それでも終盤につれて良くなってくるメカ作画とか、
最終回前のオブライトの健闘とか、超カッコいい挿入BGM
「~運命の先へ。」とか井上和彦とか部分部分で良い所は
有ったのでなんだかんだで一年間楽しませて貰いました。
どれだけ先になるかは判りませんが、次回作のガンダムも
楽しみに待ちたいと思います。多分絶対無いだろうけど、
センチネルと、シルエットフォーミュラとG-UNITと
ゲームのフォーミュラー戦記0122を映像化して欲しいね!


戦国コレクション
戦国コレクション

前期、というか今年一年で個人的に一番化けたアニメです。

異世界から現実世界へと飛ばされた美少女戦国武将達が、
特に現代の争いに巻き込まれる訳でもなく、一部除いて
普通に現代に馴染んでそれぞれの生活を送るという、
今までの戦国アニメとはちょっと違った路線に
最初は馴れませんでしたが、4話辺りからじわじわと
面白くなっていきました。まあ面白くなった、というよりも
観る方が楽しみ方を知ったと言った方が正しいのかも。
出てくる戦国武将達は大抵、1話で出番が終わるのですが、
その短い中で皆、しっかりキャラが立っているんですよね。
アゲハとか清水君とかフサード29とか、武将達と関わる
現代の人々(物?)も味の有る脇役が多く登場しました。


第1話を見たときは正直、何とも思わなかった信長も
回を追う毎に可愛く思えるようになりました。


信長1
信長2
信長3

一発キャラの多いこのアニメでは珍しく、
最初から最後まで結構出番が有るキャラですが、
普通に強いのにかなり大人気無くてへタレな所も有るのが、
それまでの信長キャラとは新鮮で親近感が湧くんですよね。


信長4

他にも最上義光とか塚原卜伝とか武田信玄とか尼子経久とか
1話で出番を終わらせるには惜しいキャラがたくさん登場しました。

最終回も特に劇的などんでん返しなんかが有る訳でもなく、
それまで登場した武将達がそれぞれ普通に生活している
場面を流して終わるのですが、それが凄く良かったですね。


皆、可愛くて個性的な印象に残るキャラばかりなので、
彼女達を見るのもこれで最後なんだなと思うと、たとえ全員に
台詞が無くてもとても感慨深く、余韻の残る良い最終回でした。


また最初こそ番組タイトル通りに織田信長とか徳川家康とか
上杉謙信等の戦国武将をモチーフにしたキャラが出てきますが、

途中から平賀源内とか松尾芭蕉とか近藤勇とか劉備とか
ベートーヴェンとか戦国以前に日本関係ねえだろという連中まで
出てきますが、この懐の広さもこのアニメの魅力だと思います。


キャラだけでなく、色んな映画のさりげないパロディが
仕込まれていたり、ハチャメチャに見えても最後はちゃんと
毎回話が上手く収まる(偶に投げっ放しだけど)ような
絶妙な脚本も安定した面白さに繋がっていたと思います。
他にも最終回のみ、全キャラ総出演のOPとか番組最後の
CMコーナーも最終回の後だけは特別仕様だったりと、
とにかく製作スタッフの見ている人を楽しませようという
心意気が伝わってくるアニメだったと思います。


上手く説明するのが難しいですが私はガンバルガーとか
光と水のダフネとか戦コレみたいな、一見何でも有りな
B級アニメのようでいても、実は最初からちゃんと
纏まるようにできているアニメが大好きなんですな。

どれもメジャーとは正直言い難いアニメですが、
今後もこういうアニメを一つでも多く皆様に楽しんで
貰えるよう紹介していきたいと思っています。



次回からは先月から始まっているアニメを紹介していきます。
お店の方も宝さがし共々、宜しくお願い致します!


関連記事

Tag:アニメ紹介その他色々  Trackback:0 comment:0 

アニメ情報館 ONLINE SHOP    ↓バナーから入店できます
店舗の取扱い商品を通販でお求め頂けます!
ONLINE SHOP
弊店姉妹店です
「アニメ情報館」の姉妹店として、秋葉原にて営業しております!店頭・宅配・出張買取も行っております!詳しくは先ずお電話にてお承ります。

宝さがし

【店舗名】
宝さがし

【TEL】
03-6206-8930
【FAX】
03-6206-8931

【住所】
東京都千代田区外神田3-9-8 中栄ビルB1
アクセス地図
未経験からのエンジニア
OSP_TECHバナー
twitter/facebook
公式ツイッター
Twitter

Facebookページ
facebook

アニメ情報館はリンクフリーです。
下のロゴをご自由にお使い下さい。
ロゴ

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク

イーボルドッグHP
いらっしゃいませ
あなたは
人目のご来店者です!
TweetsWind
店舗・商品のお問合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Amazon商品キーワードサーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。