スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

SKEの略称が判りません。

先月よりAKB48を押し出したアニメ
「AKB0048」が放送されています。

個人的にAKB48にはさして興味が無いのですが、
中原麻衣、田村ゆかり、植田佳奈、神田朱未
出るなら見るしかないだろ常識的に考えて・・・
それにしても秋元め!俺の好きな声優ばかり並べやがって!

全くもってわかっているじゃないか

まあ自分にとっての秋元先生はAKB48の仕掛け人、ではなく
レイズナーのOP主題歌の作詞をしてくれた人なので
あんまり悪いことは言えないんだなこれが


そんなことはさておき実はかつてこれ以前にも
AKB48と大々的にタイアップしていたアニメが
あったことを皆さんご存知でしょうか?

そのアニメの名は「ICE」
ICE

OVAとして2007年に全三巻がリリースされ
さらに翌年2008年には再編集された劇場版が公開されています。
時期的にちょうどAKB48がブレイクする少し前ですね。

ちなみに主役を務めた小野恵令奈は既にAKBを卒業しています。
かなりマイナーなアニメで感想を書いているサイトも殆ど有りません。
さてそんなわけでこのICEが一体どういったアニメなのか?
軽くあらすじを説明しましよう。

※ここからネタバレを若干含んでおりますので、
この記事を見てこれからICEを見ようという酔狂な人はご注意下さい。


とある理由で男性が全滅し女性しか存在しなくなってしまった
未来の東京を舞台にICEと呼ばれる人類の希望を巡る
主人公達の戦いを描くシリアスなSFドラマです。


・・・とまあ普通に説明しましたが、はっきりいってこのアニメ
予備知識無しで見るとさっぱりストーリーが判らないと思います。

なにしろ冒頭で80年代っぽい東京でケバイ姉ちゃんが
弟らしき人物とブツブツ話していているのですが、
その直後、外で歩いていた途端、事故で死亡してしまいます。

すると世紀末救世主的な様相を呈した未来の東京に
急に場面が切り替わり、
廃墟の地下でメイド服着た女の子が
アソコに注射器をぶっさした瞬間バイオハザードが発生

読んでいてなにがなんだかよくわからないと思いますが
書いている僕もよくわかりません。

その後も赤ん坊が機関銃で惨殺されるわバイオテロ発生の
現場に駆けつけた新兵が謎のロボットによる攻撃で頭を
吹っ飛ばされて即死するわ、
石田彰ボイスの総大将っぽい女キャラが
侍女達と性的に戯れる等、
やけにグロい、エロいシーンが続出します。

・・・なんというか80年代後半から90年代前半に乱造された
OVAアニメによく見られた、無駄にグロい、無駄にエロい、
そして無駄に近未来
というある意味黄金の不文律が
何故かこの作品にも当て嵌まってしまっています。

キャラデザも妙に古臭くとても2007年のアニメに見えません。
まあそれだけならまだいいんですがこのアニメの
一番の問題点はやはりAKB48メンバーの演技が
余りにアレ
な事でしょうか。まあ彼女らも声の仕事に関しては
素人なので仕方が無いのですがシリアスな雰囲気のアニメなだけに
尚更下手さが際立ってしまっている様な気がします。
一応、大島優子に河西智美と有名どころも出演してますが、
声だけ聞いても誰がどのキャラをやっているのか僕には
EDのスタッフロール見るまでさっぱりわかりませんでした。


後に見返してみた所、河西智美の担当したキャラは
物語途中で自分の上官を裏切った挙句、その上官に
銃で頭を吹っ飛ばされて(たわば、とかうわらばという言葉が
浮かんできそうなくらい)即死というなんともトホホな役回りでした。

今ならこんな仕事引き受けないだろうな~とも思いましたが
アイドルだろうが、声優だろうが下積みなくして成功無し


かつての堀江由衣もリヴァイアスやダンガイザーで
ヨゴレ役を演じていたし、ク○○ン×ん○ゃん役で有名な
あの人でもエロアニメに出演していた時もありました。

今の彼女達が有るのもこのアニメのおかげなのです!多分


あとこのアニメ決戦直前の主人公達が出撃する場面で
隊長機の赤い機体を見た登場人物の1人が

「ほらあのシャア専用機みたいなやつ」
といった感じの台詞を喋るのですが、
一応ここまでシリアスな雰囲気で進んでいたのに
いきなりギャグなのか天然なのかよく判らない
台詞が飛び出して「何でここでパロディいれるんだよw」
と突っ込むよりもただ唖然となったのを覚えています。
ホンとになんでこんな台詞入れたんだろう・・・今でも謎です。

とまあ色々悪い部分を挙げてしまいましたが一応良い所も有ります。
まず出てくるロボットや戦闘機等のメカがカッコいいこと。
これは80年代からメカデザイナーとして活躍していた
小林誠が監督を務めているからでしょう。
因みに2002年にも小林・秋元でタッグを組んで
「シックス・エンジェル」というアニメも製作されています。
未見なのでなんともいえませんが他所でみる限り
このアニメも相当にアレなアニメだったようですが。

あとは主題歌「アイサレルトイウコト」が中々良い曲ということ。
でもこのアニメ、これ以外には劇中歌もなにも有りません。

しかもこの1曲ですら未だにCDが発売されていません。

一応アイドルを売り出すアニメなのだろうに現在の
商魂逞しい秋元先生とは思えないやる気の無さっぷりです

正直握手権とかよりこれのCDを特典にすりゃいいのに
あとオカマではなく正真正銘の石田彰演じる女性キャラが
出てくるのでファンの人はある意味必見かもしれません。
男キャラを演じる女性声優は珍しくないですが、
女キャラを演じる男性声優はこの人以外じゃ
藤田圭宜、高城元気くらいなんじゃなかろうか


というわけ長くなりましたが色んな要素が合わさった怪作
「ICE」を紹介しました。
全部が全部悪い訳じゃないんだけど、短所が長所を
潰してしまって結局残念なアニメになってしまいました。
とはいえ他のアニメとは一味違う、
妙に記憶に残るアニメであったとも思います。

まあそれでもアニオタどころかAKBオタですら
殆ど覚えてない(というより知らない)んですが。

全三巻ということで1時間半くらいでサックリ見れますので
興味の有る方はご覧になっては如何でしょうか。


店舗では超像可動ポルナレフ5部、SQ紬、ワーコレVol23
ストパンEXフィギュアvol2.5等、製品続々入荷しております。


明日には本日宝さがしに入荷した
一番くじプレミアム「偽物語」も入荷予定なので
今後とも宜しくお願い致します!
スポンサーサイト

Tag:アニメ紹介その他色々  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
アニメ情報館 ONLINE SHOP    ↓バナーから入店できます
店舗の取扱い商品を通販でお求め頂けます!
ONLINE SHOP
弊店姉妹店です
「アニメ情報館」の姉妹店として、秋葉原にて営業しております!店頭・宅配・出張買取も行っております!詳しくは先ずお電話にてお承ります。

宝さがし

【店舗名】
宝さがし

【TEL】
03-6206-8930
【FAX】
03-6206-8931

【住所】
東京都千代田区外神田3-9-8 中栄ビルB1
アクセス地図
未経験からのエンジニア
OSP_TECHバナー
twitter/facebook
公式ツイッター
Twitter

Facebookページ
facebook

アニメ情報館はリンクフリーです。
下のロゴをご自由にお使い下さい。
ロゴ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク

イーボルドッグHP
いらっしゃいませ
あなたは
人目のご来店者です!
TweetsWind
店舗・商品のお問合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Amazon商品キーワードサーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。